不用品は業者と行政どちらに回収してもらうのが良いの?

今の時代、本当にたくさんの便利な物が溢れています。
それらによって私たちは快適に日常生活を送ることができています。
ですが時代の流れやライフスタイルの変化、物の劣化などによって不要になった物もたくさんあるはずです。
普段あまり使わないけどいつか使うかもしれないからと取っているものはありませんか?
そういった物は決まって使う機会がほとんどありません。
不要な物はきっちり処分してすっきりとした生活空間にしましょう。

民間業者と行政

不要な物が出てきた際、みなさんはどのように処分するでしょうか。
大きな不要物が出てきた場合は処分にこまることもあるはずです。
そういった時に利用できるのが民間業者や行政が行っている不用品回収サービスです。
ですが実際にそのサービスを利用するとなると民間業者と行政どちらを利用するのが良いのでしょうか。

料金面で比較

gswe2fcsd
まずは民間業者と行政の処理料金について比較してみましょう。
処分品1つ1つで見るとどうやら行政のほうが安く抑えることができるようです。
ですが行政は処分品単価に加え基本料金やオプション料金が発生します。
基本料金は大体3,000〜5,000円ですが、合計でいくらくらいになるのかしっかりと確認しましょう。
民間業者は処分品1つ1つの処理料金こそ行政より高めですが、引き取り処分してくれる品目の数が多いです。
業者によってはトラック一台分詰め放題で一律料金としているところもあるので、うまく利用すればお得かもしれません。

引き取り処分してくれる品目で比較

引き取り処分してくれる品目の数で言えば、民間業者のほうが圧倒的に多いです。
業者によって「有害物品・引火性物品・汚物、異臭のある物品」の引き取り処分はできないケースもあるようです。
一方行政はリサイクル法により引き取り処分ができない物品が多く存在します。
オフィス用品や一部大型の家具家電などもあてはまりますので注意しましょう。
いずれにしても処分可能物品かどうか事前確認が必要と言えます。

引き取り処分可能エリアで比較

民間業者は各業者によって許認可条件やエリアが異なります。
許認可を受けている営業管轄内でないと引き取り処分は行えません。
行政に関しても各自治体の管轄エリア内での引き取り処分となります。
指定収集日が設けられているのでその日しか行えません。

しっかり比較して利用しよう

処理料金はもちろんサービス内容についてもしっかりパーフェクトクリーン不用品回収サイトで比較した上で、民間業者か行政どちらを利用するか選びましょう。
引き取り処分可能なエリアや品目の比較も忘れずに。

新着情報

◆2015/08/07
不用品は業者と行政どちらに回収してもらうのが良いの?の情報を更新しました。
◆2015/07/29
徹底比較!不用品回収業者と行政のサービスの違いの情報を更新しました。
◆2015/07/29
知っ得!民間業者と行政の処理料金について比較してみましたの情報を更新しました。
◆2015/07/29
知っておこう!不用品回収は業者と行政2つの方法がある!の情報を更新しました。
◆2015/07/29
業者or行政~不用品回収可能な物品で比べてみましたの情報を更新しました。