意外と知らない!?不用品回収業者と行政の収集可能エリア条件の違い

長年の生活によって蓄積された不要な物をみなさんはどうしていますか?
面倒だから目立たないところに閉まっているという人も少なくないでしょう。
しかしそれでは結局収納スペースの場所を取ってしまうだけです。
限られた収納スペースはもっと有効活用しなければなりません。
本当に不要なものは多少面倒でも処分してしまうべきです。
その方法として民間業者もしくは行政に不用品を回収してもらうことができます。
どちらを利用するべきか、双方のサービスや料金などの違いを比較して決めるのが良いです。
今回は収集可能エリア条件の違いについてご紹介していきたいと思います。

民間業者に依頼する場合は

民間業者を利用する場合は、その業者が収集・処分の許認可を受けているエリアがどこなのかをチェックしましょう。
民間業者は許認可を受けている営業管轄内でしか引き取り処分することができません。
当然業者によって許認可条件やエリアが異なってきますので、前もってきちんとチェックしておくことが大切なのです。
各業者の営業可能エリアについて詳細を知りたい場合は直接業者に電話問い合わせなどをするのが一番です。

行政に依頼する場合は

行政に依頼する場合、各自治体の管轄エリアを調べておきましょう。
各自治体の管轄エリア内でないと収集ができません。
自分が住んでいるエリアがどこの管轄下なのかチェックが必要です。
また収集エリア内でも回収日が指定されていることも頭に入れておくと良いです。
民間業者のように収集日を個別指定できないということを忘れずに。
収集日の詳細については各自治体まで問い合わせると教えてくれるはずです。

メリット・デメリットを確認しておこう

民間業者も行政も何かしらのメリット・デメリットがあるはずです。
基本的には民間業者のほうがメリットが多いと言えます。
行政は料金が比較的安上がりなことが大きなメリットと言えるでしょう。
民間業者を利用する場合はくれぐれも違法業者にだけは依頼しないよう気をつけてください。