徹底比較!不用品回収業者と行政のサービスの違い

不用品回収をしてもらいたい際、民間業者と行政どちらを利用すれば良いのかわからないという人は結構いるのではないでしょうか。
ここでは引き取り処分時のサービスについて情報をまとめながら比較していきたいと思います。

民間業者のメリットとデメリット

民間業者に引き取り処分を依頼する場合のメリット・デメリットを考えてみましょう。
やはり利用者にとってサービスの使い勝手が良いところが大きなメリットです。

  • 収集日を指定できる
  • 収集時間を指定できる
  • 建物内からの搬出作業を行ってくれる

などこういったサービスが充実しています。
普段仕事が忙しく時間が取れないという人も、自分の都合に合わせて利用できるので助かるというわけです。
一方で引き取り処分してもらう物の品目や品数によっては料金が高くなってしまう傾向があります。
もちろんうまく使えばリーズナブルに抑えることはできるでしょう。
有害物品・貧果性物品・汚物、異臭のある物品は引き取りできない可能性もあるので確認が必要です。
また中には違法業者の存在もあるようなので注意が必要です。
きちんと許認可を取得しているか事前確認を怠らないようにしましょう。

行政のメリット・デメリット

次に行政に引き取り処分を依頼した際のメリット・デメリットについて考えていきたいと思います。
行政は民間業者と相反して利用者にとって使い勝手が悪い点が多いです。

  • 収集日を指定できない
  • 収集時間を指定できない
  • 建物内からの搬出作業を行ってくれない
  • 指定場所まで自分で持ち運ばなければならない
  • 引き取り処分可能か事前に確認をしなければならない
  • 引き取り処分してもらうための予約を取らなければならない
  • 引き取り処分負荷の品目が比較的多い

などが挙げられます。
その分処分品1つ1つの処理料金は安上がりです。

いろんな点を比較しよう

今回紹介したサービス面以外にもいろんな点を比較しましょう。
料金や引き取り処分可能なエリア、物品などさまざまな点から比較することが大切です。